新花塩駅北口ぶらりお散歩案内所!

鉄道乗りつぶしや聖地巡礼(アニメ舞台探訪)をライトに楽しむ、うるっちのブログです。

はじめまして

講義のためにとある本を探しに神保町まで探しに出向いたものの、相当頑張って探しても見つからなかったために今日の主目的はこんなことに移りましたよ、という日記です。


全く図ったわけではないのですが、12時を回った頃品川に降り立ち、ふとTwitterを見るとジャストタイミングで遭遇できることが判明したので急遽見に行った、例のアレ。

resize3344.jpg
山手線の次世代車両、E235系!私は今日初めて実車を見ました。

ここ数日の試運転では、品鶴線・東海道貨物線・東海道線を経由し、品川-根府川を2往復しているようです。

なお現在、8番線は朝ラッシュに上野東京ラインの北行が数本発着するだけなので、それ以外の時間帯は階段にロープが張られ、閉鎖されます。
このため、とりあえず向かいの9番線から見ることになりましたが、品川止まりの「ときわ」72号(折り返し「ひたち」13号)がほぼ同時に9番線に入り、終始停車していたため、停車中に編成全体を見ることはできませんでした。

resize3345.jpg
E235系の外観で、私が最も注目しているポイントの一つが、LEDの表示が非常に美麗な点です。感覚としてはまるでテレビ画面のような。

resize3343.jpg
アンチエイリアス表示に対応しているのはもちろんのこと、LED1個1個の「目」自体のキメが細かいような気もします(これは気のせいかも)。ともかく、E233系以前のそれより格段に見栄えが良くなっています。

resize3346.jpg
「旅の記録」のほうでチラッと書いた通り、E235系では車体腹部に横帯を巻くのではなく、ドアにラインカラーを配しています。
これは将来的に、山手線の全駅にホームドアが整備されることが決まっていて、ホームドア越しでも色が見えやすいよう考慮されたデザインです。

よく見ると、単純にベタ塗りしているのではなく、前面と同じように粒子状のグラデーションを用いてスタイリッシュさを出しているのが分かりました。


9・10番線というのは元々そんなにひと気の多いホームではなく、E235系に注目する人もあまり多くなかった印象です。本当に注目する人は違う所に行ってるというのもあるでしょうけどね。
静かな空気の中、20分ほど停車したのち、試9837Mとして、再び根府川を目指して折り返していきました。

今度は場所を変えて、もう少しちゃんと見たいですね。


神保町では結局用事を済ませることができないまま、惰性で秋葉原へ。

resize3339.jpg
神田明神では引き続き、「神田祭×ラブライブ!」コラボグッズ頒布が週末限定で好評実施中でございます。

2週間前に来たときはテントを張ってやっていましたが、祭務所のほうで扱うようになっていました。大きな告知ボードも用意されています。


resize3340.jpg
あとは例の紐アニメとか。

resize3342.jpg
がんばる女の子の漫画とかとか。

resize3341.jpg
ステッキからエンジン音が轟くアニメとかとかとか。
関連記事

コメント


コメントを書く


トラックバック