新花塩駅北口ぶらりお散歩案内所!

鉄道乗りつぶしや聖地巡礼(アニメ舞台探訪)をライトに楽しむ、うるっちのブログです。

記事の投稿日だけ見ると、あたかも中途半端な未来人のように見えてしまいそうですが、どちらかと言えば日付感覚の狂ったダメ人間と形容したほうがまだ近いでしょう。
要するにこれは2018年の話というだけのことです。

resize1872_20190403221555ff2.jpg
今回の旅から立場は社会人に変わっていますが、やっぱり18きっぷを余らせたので、今回は定番の房総日帰り旅です。春休み延長戦のような感じ。
まずは品川から横須賀線(総武快速線)に乗り、船橋に降り立ちました。

何度かお知らせしたように、関東1都6県のJR在来線は、この時点で既に全て乗り終わっているため、関東の中では18きっぷは単なるつなぎのツールとして使っております。

resize1873_201904032215561b9.jpg
船橋の乗り換えでわざわざ下から行く人ってあんまりいないっぽい気がしますが(
建物は分かれているものの、JR・東武の船橋駅と、京成の京成船橋駅はだいたい同じ駅のような感覚で乗り換えできます。

resize1874_20190403221557339.jpg

resize1875_20190403221559248.jpg
京成船橋からは特急 成田空港行きに乗車。

resize1876_2019040322160074f.jpg
1駅で京成津田沼に到着です。ここから今回の乗りつぶしスタート。
今から乗車するのは京成千葉線です。


京成本線は千葉駅を経由せず、津田沼から比較的真っすぐ成田の方角に向かうため、京成は千葉市内へのアクセスを支線で補っているのが面白いところです。
JRは千葉駅を経由して成田空港に向かうと言っても、「成田エクスプレス」はほとんど千葉を通過しますし、それを遠近分離と割り切るには絶妙に千葉から遠いのが悲しいところ。

千葉県にある空港のはずが、どうも東京都民より千葉県民(特に千葉市民)のほうが行きにくそうなイメージがあります。千葉市民の方はどう思っているんでしょう…。

resize1877_201904032217583c8.jpg
話がそれてしまいました。
京成千葉線の列車は2つの系統を組み合わせて本数を確保しているイメージですね。
1つは新京成線から京成津田沼を経て千葉中央まで乗り入れる列車。もう1つは京成津田沼始発で、千葉中央を越えて、千原線のちはら台まで直通する列車。これらが交互に来て、千葉線内は都合10分間隔になります。

resize1878_20190403221800c2d.jpg
今回乗るのは、後者の千原線まで入るちはら台行きです。もちろん各駅停車。

前半戦となる千葉線は、JR総武線と限りなくぴったり並走する路線です。
乗車率もまずまず高いですが、スピードがあまり速くないせいか、特に本気で競合している雰囲気はないですね。
沿線には住宅地が切れ目なく続き、これと言って特徴の濃い区間ではありません。

京成千葉を越えてJR外房線とくっつき、もう1駅先の千葉中央までが千葉線。


ここから先の千原線は、京成の中でも異色の路線です。

というのも、そもそもは「千葉急行電鉄」という第三セクターとして、1992年から順次開業したニュータウン鉄道の一つだったそうです。

ところが建設が難航して高額になった運賃で敬遠され、また肝心の沿線開発も鈍ってしまっていたというマイナス要素が重なり、なんと開業からたった6年で破産してしまった悲劇的な鉄道なのです。
時代が悪かったのか、それ抜きにしても見込みが楽観的すぎたのか。なんとなく両方な気はします。

ともかく潰れてしまっては仕方がないので、とりあえず京成が直営の路線として引き取り、路線はどうにか存続して今に至るというわけです。

ただ、京成直営となってからも、今でも運賃は千葉中央で打ち切り計算が原則です。運賃表自体も別々。
一応京成津田沼・谷津(千葉中央から15km以内という基準)までは乗継割引(!)が効きますが、もっと先へ乗り通す場合は、千葉中央で一旦改札を出るのと運賃が変わらない完全な打ち切り計算になります。未だに半分独立している雰囲気。


乗ってみると、千葉線の特徴の薄さとは打って変わって、あまりにも異色な姿がそこにありました。

基本的には千葉中央からちはら台までずっと単線です。ただ複線分の用地だけはしっかり確保されているようです。
それだけならまぁ、「そのうち複線化する用意があったんだろうなぁ」で終わるんですが、その用意の仕方が半端じゃなかった。


千葉中央を出るや否や、上り線側の線路とバラストが忽然と消えてしまいました…。
コンクリートはむき出しになっていますが、架線柱はちゃんと複線用です。
あたかも「あったはずのものがぽっかり消えてしまった」かのような不気味な光景ですが、実際には逆に「造るつもりだったのでまだ何もない」状態なわけですね…。

resize1879_20190403221801b95.jpg
そうかと思えば、千葉寺に着くとホームが立派にできていて、改札階に降りる階段用のスペースや、実際に使われていたら時刻表でも貼られていたであろう掲示板さえあります。あとは案内サイン類さえ完備すれば、明日からでも使えるのではないかというほど整っていました。

立派な構造に生まれ変わる準備がこれだけ整っているのに、このうら寂しさは何なのでしょう…。

resize1880_201904032218024a9.jpg
その寂しさをまといながらも、列車はどんどん丘陵地帯に分け入っていきます。
千葉ニュータウンなどと比べると活発な開発はされていませんが、造成自体はちゃんとされているんですよね。


resize1881_201904032218040d3.jpg
「半分ない」というモヤモヤ感をぼんやり噛みしめているうちに、終点のちはら台に到着しました。
千葉中央からだいたい15分、京成津田沼からだと30分。住所としては市原市に入っています。

resize1883_20190403222455fb2.jpg
掘割を貫くニュータウン鉄道でよく見られる、典型的な半地下駅です。

resize1882_20190403222454768.jpg
この先で線路は行き止まりになってはいるんですが、明らかにまだ延伸する意思があったことがはっきり分かる構造ですね。
どこに向かおうとしていたのかと言うと、小湊鐵道に今もちゃんとある海士有木あまありきという駅に接続するつもりだったようです。後で通るので、詳細はその時に改めて。

resize1889_201904032232129a8.jpg
千葉中央まで360円、京成千葉まで行くと430円。10kmちょっとにしては、かなり高額です…。

resize1884_20190403222455046.jpg

resize1885_20190403222457115.jpg
立派な駅です。
ひと気はないわけではないものの、この受け皿にはちょっと見合っていないかもしれません。

resize1888_201904032232112ef.jpg
「京成」と「電鉄」の色味が微妙に違いますね。
ここに「千葉急行電鉄」と書かれていた名残が確認できます。
千葉急行線がここまで延伸されたのは1995年(私と同い年)ですから、この字はたった3年で書き換えられたということのはずです。

resize1886_20190403222458385.jpg

resize1887_20190403222500134.jpg
こんなにしっかりした高規格路線なのに、行き来する電車は20分に1本の各駅停車のみ。ここちはら台まで来ては、淡々と折り返していくだけです。
沿線も全くのがらんどうというわけではないんですけどね…。文字通り道半ばな雰囲気が何とも言えません。
関連記事

コメント


コメントを書く


トラックバック