新花塩駅北口ぶらりお散歩案内所!

鉄道乗りつぶしや聖地巡礼(アニメ舞台探訪)をライトに楽しむ、うるっちのブログです。

resize2073_202004172226007d1.jpg

resize2075_2020041722280815d.jpg

resize2074_20200417222600851.jpg
八代からは区間快速 鳥栖行きに乗り換え、鹿児島本線に復帰します。結構果てしなく走るし、未だ「区間快速」に馴染めない。

resize2077_20200417222813e83.jpg
しかし私自身は隣の新八代で降り、乗りつぶしの都合上、一度新幹線に乗り換えます。

resize2078_20200417222815bd4.jpg
中学時代の研修旅行当時、九州新幹線はまだ新八代-鹿児島中央しか開業しておらず、ここ新八代は「リレーつばめ」と新幹線「つばめ」とを度々乗り継いでいた思い出の駅です。
そして、博多-熊本は全線開業後、2015年の帰省時などに熊本観光のために乗ったりしていました。

結果として、熊本-新八代の間だけ歯抜け状態で残ってしまったため、今回はその仕上げの乗車にやって来たわけです。

resize2079_202004172228194f9.jpg

一旦下りホームに行き、思い出に浸ってみます。

resize2081_20200417222828163.jpg
かつて「リレーつばめ」が出入りしていた左側は、柵こそあれど埋めも隠されもしていないため、雰囲気は当時からさほど変わっていません。

基本的に新幹線というのは別格の存在として独立しているもので、暫定措置とは言え在来線特急からフル規格の新幹線へ同じホームで乗り継げたというのは、当時は画期的だったかと思います。
今だと新函館北斗駅や新潟駅が近い形にはなりましたが、当時の新八代のこのホームは中間改札さえない完全シームレスだったので、未だ珍しい体験の証人と言えるでしょう。全部団体だったから普通のきっぷ1回も使わなかったけども。

resize2082_20200417222833c19.jpg
狭軌線の名残がくっきり分かりますね。当時の記憶を呼び起こすのはそう難しくありません。

いろいろと記憶が蘇るアプローチ線、一時期はフリーゲージトレインの格好の実験場所として活用されていたようですね。
西九州ルートでの実用化計画は頓挫してしまいましたが、そうした技術研究にも活かされたと思うと、なんとも頼もしい形跡に見えます。

resize2080_20200417222821c51.jpg
九州新幹線の開業を機に生まれ、今や定番の地位を得た駅弁「鮎屋三代」です。乗ってからだと食べ終わらない気がしたので、待合室でいただきます。
1匹まるごと、しっかり甘く煮込まれた鮎と炊き込みご飯の相性が抜群でした。塩焼きバージョンもあるそうなので、今度はそっちも食べてみたいですね。


resize2083_202004172228314e5.jpg
乗り込む列車は「さくら」560号 新大阪行きです。鹿児島中央から熊本までは各駅停車のタイプ。

resize2084_202004172228312e0.jpg
なんと自由席1両まるまる貸切状態になりました。
山陽新幹線区間では「のぞみ」に比べ、比較的指定席を取りにくい印象が強い「さくら」だけに、この光景は新鮮(単純に席数が少ないのもありますが)
九州新幹線区間とは言え、昼間のごく普通の時間に、新幹線の1両を独り占めする体験はなかなか貴重だった気がします。


全国的に見ても大規模な干拓によって生まれた、広大な八代平野を快走。

resize2085_20200417223510b9d.jpg
10分ほどで、熊本に到着しました。これで九州新幹線がようやく完乗になりました。
そうこうしているうちに長崎方面のルートが開業するので、「鹿児島ルート」というただし書きをしておかないといけませんね。

resize2086_202004172235116d0.jpg
熊本城の武者返しをイメージした新駅舎の骨組みと、旧駅舎の裏手です。

resize2087_20200417223513e27.jpg
旧駅舎はこのときいよいよ解体間近となっていて、既に時計なども取り外されて空っぽとなっていました。

resize2088_20200417223514d9e.jpg
その姿を見るのはこれが最後になるだろうと思い、実際にこれが最後の機会となりました。小洒落た雰囲気が好きで、今でも思い出深く刻まれている駅舎です。

resize2089_20200417223516f4d.jpg

resize2099_2020041722385969e.jpg
高架ホームに初めて上がりました。南側の切り欠きホームを合わせて2面6線。
地上時代に比べて、在来線ホームがややこぢんまりとしてしまったのはちょっと寂しいですが、もう在来特急がバンバン来る時代でもありませんので、これは仕方ありません。新幹線ホームを合わせて捉えれば十分立派です。

resize2090_202004172235177a0.jpg
続いての乗り鉄は三角みすみ線です。放送では愛称の「あまくさみすみ線」が専ら使われています。
切り欠きの5番のりばから出る、16:00発の三角行き。
キハ31形は、個人的には比較的なじみのある気動車だったのですが、これも2019年に引退してしまいました…。


宇土から西へ分岐し、大きく突き出した宇土半島をたどっていきます。

resize2091_202004172235193db.jpg
沿線最大のハイライト!
この辺りは御輿来おこしき海岸と言って、三日月がいくつも並んだかのような、非常に個性的な姿を見せてくれました。
潮の満ち引きの大きな有明海ならではの、美しい自然の作品なんですね。

resize2092_202004172235201c3.jpg
16:53、終点の三角に到着しました。

resize2097_20200417223856dec.jpg

resize2096_202004172238551c8.jpg

resize2093_20200417223522aa6.jpg
いかにも観光気分を高めてくれる駅舎になっています。

resize2095_202004172238544a1.jpg
このブログでもトップクラスに絵になっている写真が撮れました。
こんなにくっきりとした虹を見ることができたのは何とも嬉しい限りでした。

そして三角駅前、本当に三角の建物がある案件。
「円錐やんけ」というリプをもらいましたが、まぁぐうの音も出ません。「海のピラミッド」というそうです。


建物の外周をらせん状のスロープでぐるぐる上ることができる、何とも楽しい施設でした。

resize2094_202004172235233d4.jpg
まさしく天草への入り口の町ということで、天草の島々を手に取るように眺めることができました。
動画にも入っていますが、隣の物産館から「蛍の光」が延々と流れていたのをよく覚えています。17時のチャイムかなと思って聴き流していたら、かれこれ10分ぐらい流れていた気がして、予想外の豪華版でした。

resize2098_20200417223858376.jpg

熊本に戻り、この日の夕食は熊本ラーメン「天外天」。
本店は鶴屋の裏手にあるそうですが、熊本駅の中にもできたことで、JRで来てもすぐ寄れるようになったみたいです。


これでもかというほどガーリック香りまくりなのですが、不思議と上品なバランスに仕上がっていて食べやすい。
こちらもまた熊本の味として、お気に入りになりました。

resize2071_20200417222558ece.jpg
腹ごなしも兼ねて、田崎橋まで歩いてきました。ここが熊本市電A系統の起点です。
いつも乗車待ちの行列がすごいことになっている熊本駅前とは違って、のんびりした雰囲気が漂っています。

resize2072_202004172225588ba.jpg

resize2070_20200417222555e35.jpg
ザ・路面電車の雰囲気がたまりません。親戚に手を引かれて何度となく乗ってきた市電です。
この年季の入った車両も、今ではICカードにしっかり対応しています。

辛島町で市電を降り、下通の近くにあるホテルにチェックインして、2日目も無事終了です。
関連記事

コメント


コメントを書く


トラックバック